おねしょの原因、夜尿症の改善、治療のことなら

MENU

おねしょを治す方法〜夜中に起こさない〜

スポンサーリンク

おねしょを治す方法の1つとして、「夜中に起こさないこと」が挙げられます。
これは、おねしょを治していく上で、親御さんがやってはいけない禁止事項の1つでもあるのですが、裏を返せば「治す方法」として捉えることができます。
では、夜中に起こさないことが、治していく上でどのような良い効果をもたらすのか、メリットについて簡単に解説したいと思います。


夜中に起こさないこと、つまり睡眠の邪魔をせずに、ぐっすりと眠らせてあげることは、抗利尿ホルモンが正常に分泌されることに繋がります。
別ページでも何度か記述させて頂いていますが、抗利尿ホルモンというのは、尿量をコントロールしているホルモンのことです。
その名前の通りなのですが、抗利尿ホルモンの分泌量が少ないと尿量は増え、逆に分泌量が多いと尿量が減ります。
正常に分泌されている場合は、日中は少なく、夜間に多く分泌されるようになっているので、夜中にトイレに行かなくても良いようになっています。

スポンサーリンク

しかし、子供というのは成長過程にあるために、抗利尿ホルモンの分泌が正常ではありません。
そのために、夜間の尿量が多くなっておねしょをしてしまうのですが、そこで予防しようとして夜中に起こしてしまうと、睡眠のリズムが崩れて自律神経に影響を及ぼします。
すると、ますます抗利尿ホルモンが正常に分泌されなくなってしまい、おねしょが長引く可能性もあるのです。


そしておねしょは、本人の自覚のないところで起こる現象なので、起こしたところで何も変わりません。
むしろ、子供自身が夜中に起こされることにストレスを感じ、それもまた自律神経に影響を及ぼすことも考えられます。
また、ぐっすり眠れば眠るほど、抗利尿ホルモンの分泌も安定して良いとされています。
だからこそ、夜は紙おむつやおねしょパンツなどを利用して、夜中に起こすことなく眠らせてあげるのが、最終的には良い効果をもたらすのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加