おねしょの原因、夜尿症の改善、治療のことなら

MENU

夜のトイレットトレーニングは必要?

スポンサーリンク

しつけの一環として、幼児期の子供に、トイレを覚えさせることを「トイレットトレーニング」といいますよね。
トイレットトレーニングを行い、排尿や排便はトイレでするものであることを教えるのは、自立のためにも必要なことです。
そう考えると、「夜もトレーニングが必要なのかな?」「夜にトレーニングしないから、うちの子はおねしょが治らないのかな?」などと思う方も、多いのではないかと思います。


では、夜のトイレットトレーニングは必要なのかというと、結論からお話しすると、必要ありません。
トイレットトレーニングは、日中のみで大丈夫です。
なぜなら、本人は眠っていて、「おねしょをしている」という自覚がないからです。

スポンサーリンク

日中の場合は、もちろん起きているので、尿意を感じます。
尿意を感じることで、「尿意を感じたらトイレに行く」ということを、子供に覚えさせることができるものだと思います。
しかし夜間は、子供は眠りが深いということもあり、尿意に気付くことが難しいです。
また、尿量をコントロールする抗利尿ホルモンの夜間の分泌量が少ないので、大人のように夜間の尿量を少なくすることができず、たくさんの尿が作られてしまいます。
その上、たくさんの尿を溜めておけるほど膀胱も大きくないので、尿が溢れ出てしまいます。


つまり、おねしょというのは、本人の自覚がない状態で起きている現象であり、排尿に関わる機能が未熟であるために起きている現象でもあるので、トレーニングするのではなく、成長していくのを待つしかありません。
むしろ、夜中にトイレに起こしてしまうと、おねしょを長引かせる要因にもなりかねません。
成長するに従って、抗利尿ホルモンの夜間の分泌量が増えること、そして膀胱が大きくなっていくことで、自然とおねしょから卒業することができるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加