おねしょの原因、夜尿症の改善、治療のことなら

MENU

寝具のおねしょ対策

スポンサーリンク

お子さんのおねしょに悩まされているという親御さんも、本当にたくさんいらっしゃるかと思うのですが、中でも「寝具を汚されるのが困る」という親御さんも多いと思います。
排尿に関わる機能が成長し、おねしょが治まるまではどうしても、布団やシーツなどを汚されることは避けられません。
最初のうちは、おとなしく紙おむつをして寝てくれるかもしれませんが、そのうち紙おむつの使用を拒否して、普通のパンツで寝たがることもあると思います。
このような場合、布団やシーツなどの寝具のおねしょ対策はどうしたら良いのか、ご紹介したいと思います。


■布団の対策■
布団のおねしょ対策として、まずはあまり高価な布団ではなく、汚されても諦めがつくような、安い布団の使用をおすすめします。
万が一、おねしょのシミが付いてしまった場合、高価な布団だともったいないですし、高価であればあるほど、汚されてしまうことで子供を怒鳴ってしまう可能性があります。
また、ウォッシャブルの布団だと、汚れても丸洗いできるので良いと思います。
もし布団を汚されてしまった場合は、熱いタオルで叩くようにして拭き取り、乾燥させましょう。

スポンサーリンク

■シーツの対策■
シーツのおねしょ対策としては、防水加工が施してある「おねしょシーツ(防水シーツ・防水マット)」を使用することをおすすめします。
おねしょシーツを使用することで、尿が布団まで浸透してしまうのを予防することができます。
そのまま洗うことができますし、決して高価なものではないので、何枚か持っていると良いと思います。
敷いた時に、「目立つのが嫌だ」と子供が嫌がる場合は、普通のシーツと布団との間に敷くようにすると、目立たなくて良いと思います。


寝具のおねしょ対策としては、上記のような対策をしてみて下さい。
上記のような対策をすることで、親御さんとしても、いくらか負担が軽減されると思います。
また、お子さんを思わず怒鳴ってしまうようなことも防ぐことができるので、親子共々ゆったりとした気持ちで、おねしょ卒業まで歩んで行けるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加