おねしょの原因、夜尿症の改善、治療のことなら

MENU

大人のおねしょ(夜尿症)の対策

スポンサーリンク

大人が「おねしょに悩まされる」というと、どちらかというと自分自身の悩みではなく、「子供のおねしょの処理が大変」などと、子供に対する悩みである場合が多いです。
しかし、大人でも自分自身のおねしょに悩まされることもあり、誰にでも起こりうることです。
大人がおねしょをすることを、別ページでも何度かご紹介している通り、「夜尿症」といいますが、子供の場合とはまた違った原因によって起こっている場合がほとんどです。
夜尿症の原因は、すでに別ページでご紹介しているので、こちらのページでは、夜尿症の対策についてご紹介したいと思います。


■運動をする■
男女共に、加齢によって「骨盤底」という筋肉の筋力が低下すると、尿道を閉める力も低下するといわれています。
特に女性は、出産によっても骨盤底の筋力が低下するので、日頃から筋力トレーニングなどの運動を心掛けるようにしましょう。
■お酒を飲み過ぎない■
アルコールには利尿作用がありますし、飲み過ぎることで泥酔し、無意識のうちに夜尿をしてしまう可能性があります。
実際に、お酒を飲み過ぎて夜尿をしてしまった経験のある方は結構いるので、他人事とは思わずに注意しましょう。

スポンサーリンク

■水分を摂り過ぎない■
水分を摂り過ぎると、トイレが近くなりますが、稀に夜尿をすることもあるので、特に夕方以降は水分の摂り過ぎに注意しましょう。
■ストレスを溜めない■
ストレスによって自律神経のバランスが乱れると、夜尿に繋がる可能性があるので、ストレスは溜めずに、定期的に発散するようにしましょう。
■体を冷やさないようにする■
体が冷えると、膀胱の機能も不安定になりやすく、大人でも夜尿をしてしまう可能性があるので、体を冷やさないようにしましょう。


大人の夜尿症の場合、一時的なものであれば特に心配はいらないかと思いますが、何度か続く場合は泌尿器系の病気である可能性があるので、医療機関を受診するようにしたほうが良いでしょう。
大人は、「大人なのにおねしょなんて…」などと、恥ずかしがって医療機関を受診しないケースも多いです。
体に何らかの不調がある時に医療機関に行くというのは、理由がどうであれ恥ずかしいことではないので、放置しないようにして下さいね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加