おねしょの原因、夜尿症の改善、治療のことなら

MENU

おねしょと夜尿症はどう違う?

スポンサーリンク

夜眠っている間に、無意識のうちに排尿してしまうことを、一般的には「おねしょ」といいますよね。
一方で、おねしょに似たような言葉として、「夜尿症」という、1つの病的な状態を表わす言葉も存在します。
「夜眠っている間に排尿してしまう」という状態であることは、どちらも同じなのですが、おねしょと夜尿症は別のものとされています。
では、何がどう違うのか、ご説明したいと思います。


おねしょと夜尿症の違いは、本人の「年齢」にあります。
おねしょは、5〜6歳までの子供が、夜眠っている間に排尿してしまう状態のことを指し、夜尿症はそれ以上の年齢の人(子供)が、夜眠っている間に排尿してしまう状態のことを指します。
おねしょというのは、尿量をコントロールする「抗利尿ホルモン」の夜間の分泌量が少なくて、夜間でも日中と同じように尿が作られてしまうことや、膀胱の機能が未熟であるため、膀胱の大きさが足りずに尿が溢れてしまうことです。
年齢的にも、まだまだ体の機能が成長過程であるため、仕方のないことです。

スポンサーリンク

夜尿症も同じように、抗利尿ホルモンの夜間の分泌量が少ないことや、膀胱の大きさが足りないという状態は変わりません。
しかし、平均的に見ると、排尿に関わる機能が幼いと判断されます。
そのため、医療機関の受診や治療などをする必要が出てくるために、「夜尿症」という1つの病気として表現されるのです。
可能性としては極めて低いのですが、中には他の病気を併発していることもあるので、5〜6歳よりも上の年齢でおねしょ(夜尿)がある場合は、注意して見てあげて欲しいと思います。


「夜尿症」という言葉自体、あまり馴染みのない言葉だと思います。
5〜6歳以上の場合でも「おねしょ」と表現されることも多いですし、そのほうがわかりやすいという方も多いと思います。
ですが、「おねしょ」というのは幼児向けの言葉であるので、このような違いがあるということを、あらかじめ知っておくようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加