おねしょの原因、夜尿症の改善、治療のことなら

MENU

おねしょの様々な原因A

スポンサーリンク

「おねしょの様々な原因」として、おねしょをする様々な原因についてご紹介しています。
引き続き、代表的な原因についてご紹介していきたいと思います。
お子さんのおねしょを治すためには、原因を知ることも大切なことですから、ご紹介している原因を把握しておいて下さいね。


■何らかのストレスを受けている■
日常的に感じる様々なストレスや環境の変化など、何らかのストレスを受けることによって、抗利尿ホルモンの分泌量に影響が及び、おねしょをしていることがあります。
このように、一度おねしょから卒業した時期を経て、また再びおねしょをするようになる場合のことを、「二次性夜尿症」といいます。

スポンサーリンク

■他の病気を併発している■
可能性としては低いほうなのですが、膀胱や腎臓に病気がある場合や、てんかん・発達障害・注意欠陥多動障害などが原因となっている場合もあります。
他の病気を併発している場合は、おねしょだけではなく、日中のおもらし(尿失禁)の症状もあるそうなので、日中のおもらしの有無も把握しておいたほうが良いと思います。


2ページにかけて、おねしょの原因を紹介させて頂きました。
様々な原因によって引き起こされているということが、お分かり頂けたかと思います。
おねしょを治していく上で、親御さんが不安そうにしていると、子供まで不安になってしまうので、あまり良くありません。
不安を解消するためにも、少しでも不安がある場合は泌尿器科やかかりつけの小児科を受診し、医師に相談するようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加