おねしょの原因、夜尿症の改善、治療のことなら

MENU

おねしょの治療は受けるべき?

スポンサーリンク

おねしょというと、「自然に治っていくもの」と軽視される傾向にあり、少し長引いていると感じた時に、一度医療機関を受診すべきかどうか迷われるのではないでしょうか。
確かに、いつかは自然となくなっていくものですが、5〜6歳以上の子供のおねしょ(夜尿症)の場合は、軽視すべきではありません。
軽視することで、成人になっても治らない可能性があるので、医療機関を受診し、治療を開始したほうが良いと思います。


年齢が上がるにつれて、おねしょをしていることが、子供にとって大きな障害になります。
林間学校・修学旅行・キャンプなど、様々な宿泊行事に参加する機会も増え、宿泊行事に対しての不安が重くのしかかります。
また、学校のお友達が「おねしょをしていない」ということがわかると、「自分だけ…?」と、ショックを受けてしまう可能性もあります。

スポンサーリンク

年齢が上がれば上がるほど、受けるストレスは大きくなっていくことが想定されます。
このような状態では、子供が大きなストレスを抱えてしまうことになり、おねしょからの卒業を遅らせてしまうことにもなりかねません。
だからこそ、5〜6歳以上の子供がおねしょをする場合は、早いうちに治療を受けて、治していくべきなのです。


医療機関では、子供のおねしょのタイプや状態に合わせて、生活指導・薬物療法・行動療法などの治療を受けることができます。
治療を受けなくても治まっていく可能性は高いのですが、適切な治療を受けたほうが、少しでも早くおねしょから解放させてあげることができます。
おねしょによる障害物が増えていく前に、医療機関を受診しましょう!

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加