おねしょの原因、夜尿症の改善、治療のことなら

MENU

おねしょを治す方法〜子供との接し方〜

スポンサーリンク

「おねしょをする子に対して、どのように接したらいいのか正直わからない」という親御さんも多いのではないでしょうか。
ついついカッとなって怒鳴ってしまい、後で後悔することもあるでしょう。
デリケートな問題だからこそ、どのように接したら良いのか、接し方に余計戸惑ってしまうものだと思います。
そして、子供の心はとても繊細なので、心理的な要因によってもおねしょの状態が後戻りしてしまう可能性もあり、本当に難しいです。
そこで、おねしょをする子供との接し方について、ポイントを4つご紹介したいと思います。


■怒らない■
おねしょというのは、排尿に関わる機能が未熟であるがために「夜眠っている間に無意識のうちに排尿してしまう」状態のことで、本人には自覚がないので、怒った所では何も変わらず、むしろストレスを与えてしまうことになります。
ストレスはおねしょを長引かせる原因にもなるので、怒らないようにしましょう。
■焦らない■
子供の成長には個人差があるということは、皆さんもよく知っていると思いますが、排尿に関わる機能の成長については、盲点である親御さんも多いです。
「○○くんもおねしょ卒業したんだって」などと、何らかの形で子供を焦らせるのは、ストレスを与えてしまうことになるので、焦らせないようにしましょう。

スポンサーリンク

■褒める■
親御さんに褒められて、嫌な気持ちになる子供はいませんよね。
おねしょをした日に怒るのではなく、おねしょをしなかった日に、「また一歩お兄さん(お姉さん)に近づいたね!」などと、思いっきり褒めてあげましょう。
■安心させる■
おねしょをすると、親御さんも処理が大変だと思いますが、やはり本人が一番大変で、一番不安に思っていると思います。
だからこそ、「恥ずかしくないこと」ということを伝えて、安心させてあげて下さい。


おねしょをする子供との接し方についてご紹介させて頂きましたが、いかがでしたか?
正直、頭にくる時もあるかと思いますが、カッとなった勢いで接すると、子供にストレスを与え、自律神経のバランスの乱れまで招く恐れがあります。
先ほどご紹介させて頂いたように、穏やかに接してあげることを心掛けて下さい。
接し方1つでも、おねしょの早期改善に繋がると思いますよ。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加