おねしょの原因、夜尿症の改善、治療のことなら

MENU

医療機関での診察・検査

スポンサーリンク

お子さんのおねしょ(夜尿症)のことで、医療機関を受診することを考えている親御さんも、多くいらっしゃると思います。
受診するのに望ましいのは、泌尿器科や夜尿症外来など、排尿に関わる機能を専門に診てくれる診療科を設置している医療機関が良いのですが、まずはかかりつけの小児科などに相談し、専門の診療科がある医療機関を紹介してもらっても良いと思います。
では、医療機関ではおねしょに対して、一体どのような診察や検査を行うのか、大まかな流れについてご紹介したいと思います。


■問診■
まずは、本人の普段の生活の様子やおねしょの状況などを、問診の際に伝えます。
この時、おねしょの様子を記録した「おねしょ日記」などがあると、診断や治療方針の決定に役立てることができます。
■理学的検査■
次に、体の状態を確認するために、実際に触診などをします。

スポンサーリンク

■検査■
おねしょの原因などを知るために、一般的には次のような検査を行います。
・尿検査
・尿浸透圧・尿比重検査
・超音波検査(残尿検査)
・血液検査
・尿流検査 など


医療機関によって、診察や検査の流れは変わってくるかと思いますが、一般的には上記のような流れとなります。
この他にも、必要に応じてレントゲン検査やMRI検査などが行われることもあります。
「何か別の病気が見つかったらどうしよう」などと、不安に感じることはあるかもしれませんが、今よりも良い状態に持っていくための受診ですから、少しでも肩の力を抜いて受診するようにして下さいね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加