おねしょの原因、夜尿症の改善、治療のことなら

MENU

おねしょの基礎知識記事一覧

 

おねしょとは、夜眠っている間に、何らかの原因によって尿意を感じず、無意識のうちに排尿してしまうことを指します。幼少期までの子供にはよく見られる現象です。本人は無意識であるため、衣類や寝具が湿っていることで初めて気付くことが多いです。全ての子供が必ず通る道であり、全ての親御さんが必ず頭を悩ませるものであるため、親子が一度はぶつかる壁といってよいと思います。おねしょは、夜眠っている間に腎臓で作られる尿...

 
 

子供がおねしょをする原因の1つとして、毎日の睡眠が関わってきます。皆さんも、ご自身のお子さんを寝姿を見ていて感じていることだと思うのですが、子供は本当によく眠りますよね。「私も毎日これくらい眠ることができたら良いのになぁ…」などと、親御さんからしてみれば、うらやましくも感じてしまいますよね。しかし、この「子供が本当によく眠る」ということが、冒頭にもお話ししたように、おねしょと関わっていることもあり...

 
 

お子さんのお友達がおねしょを卒業したという話を聞いて、「どうしてうちの子はまだなの…?」などと、焦ってしまっている親御さんもいらっしゃるかと思います。確かに、周りの子がおねしょを卒業していくと、親御さんとしても焦ってしまいますし、「うちの子には何か問題があるのでは…」と、心配になってしまうと思います。そのような場合は、親御さんの視野が狭くなりがちです。もう少し視野を広げて、おねしょと向き合っていき...

 
 

皆さんは、おねしょにも種類があるのをご存知でしょうか。一言に「おねしょ」といっても、夜眠っている間に作られる尿の量と、その尿を溜める膀胱の大きさのバランスによって、3つの種類に分けることができるのです。そして、その種類によって治療の仕方も変わってきます。では、その3つの種類を簡単にご紹介したいと思います。■多尿型■多尿型とは、夜眠っている間の尿の量が多過ぎるがために、多量のおねしょをしてしまうタイ...

 
 

「こんなにおねしょをするのはうちの子だけかしら…」などと、お子さんのおねしょのことで、不安になっている親御さんも多くいらっしゃるのではないでしょうか。周りの親御さんと、そういった話ができれば良いのですが、「うちの子はもうおねしょ卒業したよ」などと言われてしまうと、ますます不安になってしまうと思います。このような場合は、医療機関を受診するのが一番です。これから2ページにかけて、おねしょで医療機関を受...

 
 

「おねしょで医療機関を受診する目安」として、年齢別に医療機関を受診する目安についてご紹介しています。引き続き、医療機関を受診する目安について、ご紹介していきたいと思います。是非、お子さんを受診させる際の参考にして下さいね。■8〜9歳■8〜9歳の子供で、1週間のうちの半分以上の日数のおねしょが認められる場合は、医療機関を受診することをおすすめします。1週間のうちの半分以下の日数でのおねしょが認められ...

 
 

皆さんは、一言に「おねしょ」といっても、様々な原因があるということをご存知でしょうか。よく、「心の問題」などと言われることが多いのですが、原因は心の問題だけではなく、他にも考えられることはあります。原因を知ることは、おねしょを治していく上でも非常に大切なことですから、しっかりと把握しておきましょう。では、これから2ページにかけて、おねしょの原因として代表的なものを、5つご紹介したいと思います。■抗...

 
 

「おねしょの様々な原因」として、おねしょをする様々な原因についてご紹介しています。引き続き、代表的な原因についてご紹介していきたいと思います。お子さんのおねしょを治すためには、原因を知ることも大切なことですから、ご紹介している原因を把握しておいて下さいね。■何らかのストレスを受けている■日常的に感じる様々なストレスや環境の変化など、何らかのストレスを受けることによって、抗利尿ホルモンの分泌量に影響...

 
 

おねしょの原因として、可能性は低いのですが、他の病気を併発していることがあるということは、別のページでご紹介させて頂きました。おねしょは時に、腎臓・膀胱・尿道などの泌尿器に関わる病気を始めとし、脊髄・精神・神経・内分泌などに関わる病気の症状として現われることがあります。では、おねしょの他にどのような症状や事実がある場合に病気を疑うべきか、その症状をご紹介したいと思います。■発育の遅延が認められる■...

 
 

皆さんは、尿がどのように作られているか、そのメカニズムをご存知でしょうか。学校でさらっと習ったのではないかと思うのですが、おそらく「詳しくは知らない」という方が多いのではないでしょうか。おねしょを治していく上で、尿が作られるメカニズムを理解することも大切なことだと思います。こちらのページでは、少し詳しく、尿が作られるメカニズムをご紹介したいと思います。尿というのは、元々は体内で不要となった物です。...

 
 

皆さんは、いつもどのように排尿が行われているのか、そのメカニズムについてご存知でしょうか。尿が作られるメカニズムについては、別ページでご紹介させて頂いた通り、体内の不要な物を腎臓に集めて凝縮し、尿として体外へ排出しているのですが、この一連の働きはずっと行われています。つまり、尿は24時間365日、私たちの体内で作られ続けているということです。しかし、作られた尿をずっと排出し続けるわけにはいかないの...

 
 

お子さんのおねしょに対して、頭を悩ませている親御さんも多くいらっしゃるかと思うのですが、おねしょがどのようにして起こるのか、そのメカニズムを把握できていますか?メカニズムを知ることで、「どうしてだろう…」という悩みは、少しでも解消されるものなのではないかと思います。そこで、こちらのページでは、おねしょがどのようにして起こるのか、そのメカニズムについてご説明したいと思います。子供というのは、成長過程...

 
 

しつけの一環として、幼児期の子供に、トイレを覚えさせることを「トイレットトレーニング」といいますよね。トイレットトレーニングを行い、排尿や排便はトイレでするものであることを教えるのは、自立のためにも必要なことです。そう考えると、「夜もトレーニングが必要なのかな?」「夜にトレーニングしないから、うちの子はおねしょが治らないのかな?」などと思う方も、多いのではないかと思います。では、夜のトイレットトレ...

 
 

おねしょには3つのタイプがあるということは、すでに別のページでご紹介させて頂きました。このタイプというのは、家庭でも調べることができます。こちらのページでは、多尿型のおねしょを調べる方法である、夜間尿量を測定する方法についてご紹介したいと思います。【1】膀胱を空っぽにする夜間に作られる尿量を正しく測定するために、就寝前に排尿を済ませておき、膀胱を空っぽの状態にしておきます。【2】着用前の紙おむつの...

 
 

おねしょは、多尿型・膀胱機能未熟型・混合型の3つのタイプに分類することができるということは、すでに別ページでご紹介させて頂きました。おねしょの治療は、タイプによっても異なってくるので、タイプを知ることは大切です。こちらのページでは、膀胱機能未熟型のおねしょを調べる方法である、膀胱容量を測定する方法をご紹介したいと思います。膀胱容量の測定は、少々かわいそうな気もしますが、排尿を限界まで我慢させてから...

 
 

おねしょは、年齢と共に自然となくなっていくことが多いのですが、小学校入学以降も続くようであれば、治療が必要となることもあります。やはり、この位の年齢になると、本人としてもおねしょをすることに対して恥ずかしさを感じ始める頃だと思います。医療機関を受診する際の目安としては、別ページで紹介しているので、そちらを参考にして下さい。こちらのページでは、おねしょに対して、医療機関では一体どのような治療を行うの...

 
 

尿量をコントロールする、「抗利尿ホルモン」というホルモンがあります。別ページでも頻繁に登場している言葉ですが、あまり詳しくは触れていませんでした。そこで、こちらのページでは、もう少し詳しく触れていきたいと思います。まず、抗利尿ホルモンの分泌される仕組みについてご説明します。この抗利尿ホルモンというのは、脳下垂体という所から分泌されています。血液の濃さを判断し、血液が濃い場合には、脳下垂体から抗利尿...

 
 

一言に「夜尿症」といっても、2つの種類に分けることができます。別ページでは、多尿型・膀胱機能未熟型・混合型と、どのような状態が原因で夜尿(おねしょ)が起こっているのか、その原因別に分けることができるとご紹介しましたが、「そのおねしょがいつから続いているものなのか」という、「期間」で夜尿症を分けることもできます。それぞれ、「一次性夜尿症」「二次性夜尿症」という名前なのですが、この一次性夜尿症と二次性...

 
 

おねしょというと、「自然に治っていくもの」と軽視される傾向にあり、少し長引いていると感じた時に、一度医療機関を受診すべきかどうか迷われるのではないでしょうか。確かに、いつかは自然となくなっていくものですが、5〜6歳以上の子供のおねしょ(夜尿症)の場合は、軽視すべきではありません。軽視することで、成人になっても治らない可能性があるので、医療機関を受診し、治療を開始したほうが良いと思います。年齢が上が...

 
 

夜眠っている間に、無意識のうちに排尿してしまうことを、一般的には「おねしょ」といいますよね。一方で、おねしょに似たような言葉として、「夜尿症」という、1つの病的な状態を表わす言葉も存在します。「夜眠っている間に排尿してしまう」という状態であることは、どちらも同じなのですが、おねしょと夜尿症は別のものとされています。では、何がどう違うのか、ご説明したいと思います。おねしょと夜尿症の違いは、本人の「年...

 
 

お子さんのおねしょに頭を悩ませているという方は、「いつ卒業できるのかなぁ…」と、内心思っているのではないでしょうか。大きくなるにつれて、おねしょは大きな障害物になりますから、少しでも早く卒業してほしいと思うものではないかと思います。実は、おねしょをする時間帯を把握することで、おねしょを卒業するおおよその時期を知ることができます。まず、就寝してから早いうちの時間帯におねしょをする場合は、現段階ではま...

 
 

おねしょを治していく上で、生活指導・薬物療法・行動療法など、様々な治療に真面目に取り組むことも大切ですが、できればもう1つ、真面目に取り組んでほしいと思うことがあります。それは、毎日のおねしょの様子を、「おねしょ日記」として残しておくということです。おねしょ日記を書き、毎日のおねしょの様子を記録しておくことは、おねしょを治していく上でとても役に立つからです。まず、医療機関にて、医師がおねしょのタイ...

 
 

お子さんのおねしょ(夜尿症)のことで、医療機関を受診することを考えている親御さんも、多くいらっしゃると思います。受診するのに望ましいのは、泌尿器科や夜尿症外来など、排尿に関わる機能を専門に診てくれる診療科を設置している医療機関が良いのですが、まずはかかりつけの小児科などに相談し、専門の診療科がある医療機関を紹介してもらっても良いと思います。では、医療機関ではおねしょに対して、一体どのような診察や検...

 
 

お子さんのおねしょについて悩んでいるという親御さんの誰もが、「うちの子一体いつになったらおねしょをしなくなるんだろう」と思っていると思います。そして、目安としてはどのくらいの期間を経て卒業できるのか、とても気になるのではないでしょうか。また、自然に治るのを待った場合と、医療機関で治療を受けた場合との、治るまでの期間の違いも気になるかと思います。そこで、こちらのページでは、おねしょはどのくらいの期間...

 
 

ストレスと体の不調の関係は、とても大きいものです。例えば、この後何か嫌なことが控えていると、お腹が痛くなる人もいますし、あれこれ悩み過ぎると、頭が痛くなる人もいると思います。何らかのストレスを感じると、それが体の不調として反映されやすいのです。これは、おねしょに関しても同じことがいえます。ストレスが原因で、おねしょがなかなか治らない場合もあるからです。おねしょをしている本人は、自覚がないからといっ...

 
 

中学生以上のお子さんのおねしょに悩んでいるという親御さんも、中にはいらっしゃると思います。中学生以上の年齢の子供がおねしょをする場合は、おねしょではなく「夜尿症」と表現することもありますが、成人になってからも続く可能性があり、本人にもそれなりの、改善に向けた努力をさせなければいけません。なぜなら、「無意識のうちに排尿してしまう」というものではなく、本人が尿意に気付いている場合があるからです。尿意に...

 
 

おねしょとの関係が深いものの1つとして、「夢」があります。本当に「トイレに行きたい」と思っている時に、トイレが出てくる夢を見るというのは、よくある話です。夢占いによると、トイレが出てくる夢というのは、幸運を意味するものである一方で、「実際の尿意から見ていることもある」とされています。大人の場合、夢の中にトイレが出てきたからといって、本当に尿意を感じていたとしても、排尿するまでには至らないことが多い...