おねしょの原因、夜尿症の改善、治療のことなら

MENU

膀胱容量を測定する方法

スポンサーリンク

おねしょは、多尿型・膀胱機能未熟型・混合型の3つのタイプに分類することができるということは、すでに別ページでご紹介させて頂きました。
おねしょの治療は、タイプによっても異なってくるので、タイプを知ることは大切です。
こちらのページでは、膀胱機能未熟型のおねしょを調べる方法である、膀胱容量を測定する方法をご紹介したいと思います。


膀胱容量の測定は、少々かわいそうな気もしますが、排尿を限界まで我慢させてから行います。
排尿を限界まで我慢させてから排尿をさせ、その時の尿量を計量カップで測定します。
または、おねしょをしなかった時の朝一番の尿量を、計量カップで測定します。

スポンサーリンク

膀胱容量の正常値は、6〜8歳で150cc以上、9〜11歳で200cc以上、12〜15歳で300cc以上とされています。
膀胱容量が、この正常値よりも少ない場合は、膀胱機能未熟型のおねしょである可能性があります。
膀胱の機能が未熟であるために、夜間に作られる尿を充分に溜めることができず、膀胱から尿が溢れてしまっているという状態です。


また、日中でも尿失禁(おもらし)をすることがある子供の場合も、この膀胱機能未熟型のおねしょである可能性があります。
日中の尿失禁は、日中である以上、周りにも知られる可能性があり、本人にとっても辛いものなので、早めに医療機関を受診し、治療を開始したほうが良いと思います。
医療機関を受診する際は、先ほどご紹介させて頂いた膀胱容量の測定結果が治療の参考になるので、測定結果はあらかじめメモしておいて、医療機関を受診する際に医師に見せるようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加